毎日の食事で肌が変わる?

テレビなんかの情報で食べ物によって肌に良かったり悪かったりっていうのはなんとなく知識にありました。

でもなかなか外食も多いのでそこを気を付けるのが難しかったんですが、この食事内容っていうのはニキビの予防にも効果があるっていうことが最近わかって考えてみようかなという気になってます。

ネットのスキンケア大学という女性の肌や髪の毛など美容に関する情報をまとめてる便利なサイトがあるんですがそこで書かれていたんです。

なんでも栄養素の中にニキビの予防になるものがあるとのこと。

例えばビタミンB。

これには人間が自ら出す脂分を抑制してくれる効果があるそうなんです。

ニキビって脂ぎってる肌によくおこりますよね。

こちらはニキビを治療というよりは対策、予防の部類。

他にはミネラル。

これは肌の循環を調整してくれる効果があります。

にきびが治るタイミングって肌の表面に出てるニキビが古くなった肌として排出されたときに治るんですよね。

この排出が遅れたるなど正常に働いてないとニキビの治りも遅くなるんです。

ミネラルはその循環を正常に戻してくれる効果があるのでニキビも治りも早くなるんですね。

こちらは今あるニキビをすぐに治療してくれるのに役立ちます。

ミネラルってなかなか想像しにくいですがチーズや牛乳などの乳製品。

あとは昆布などの海藻類によく含まれてるそうです。

ちょっと意識しないと取りにくい栄養素ですね。

でもそこまで特別な食べ物ではないので意識すればいけるかな・・?

ニキビ薬に頼るのもいいですがこういった自分の中の免疫力任せるのもいいもんですね。

ニキビができやすい食べ物?

ニキビにいいものは上で上げたものですがニキビに悪い食べ物もある・・・と思ってたでしょ?

私もずっとそういったものもあるかなと思ってたんですがこのサイトによると科学的には全く認められてないそうです。

よくチョコレートは肌に悪い!とよく聞きますが全然そんなことはないんですね!

ちょっとこれはかなりびっくりしました。

なのでチョコはバクバク食べていきましょう!・・・というのもよくないんですよ。

同じものをたくさん食べる、など明らかにバランスの悪い食事をすることがニキビの原因になるんだそうです。

何事もバランスよくということですね。

これからは外食するときもミネラルやビタミンに気を付けて注文したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加